[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
Autoblog Japan ボルボ

ボルボ、「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を150台限定で発売

Filed under: ハッチバック, 特別/限定車, ボルボ, ディーゼル, スウェーデン ボルボ・カー・ジャパン (代表取締役社長:木村隆之)は、V40 D4にスポーティグレードの「R-DESIGN」を設定し、最大トルクを440Nmまで引き上げる「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」 と、エンジンパワーのレスポンスを向上させ、パワフルな走りとスポーティなサウンドを演出する新製品 「ポールスター・パフォーマンス・エキゾーストセット」を組み込んだ特別限定車「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を、150台限定で販売開始した。 新開発のステンレス製エキゾーストシステムは、ポールスターロゴ入りの3.5インチデュアルマフラーが個性を際立たせ、減圧設計のエキゾーストはエンジンからの排気流を最適化し、パフォーマンスを向上させる。 搭載される2.0リッター4気筒ターボディーゼル「D4」エンジンは、最高2500気圧で燃料噴射を実現する最新の「i-ART」コモンレール・ダイレクトインジェクションシステムや、2ステージターボチャージャーの採用等により、クラストップレベルの出力特性を実現。「ポールスター・パフォーマン ス・ソフトウェア」の導入により、4気筒ディーゼルとしては最高レベルの190psの最高出力を200psまで引き上げ、最大トルクは4リッターガソリンエンジンにも匹敵する440Nmまでアップグレードした。 「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」の希望小売価格(消費税込み)は、4,490,000円。Continue reading ボルボ、「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を150台限定で発売ボルボ、「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を150台限定で発売 originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 27 Jan 2017 08:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
2
Autoblog Japan ボルボ

【試乗記】VOLVO V40、熟成が進み今が最高の買い時だと言うことができる:島下泰久

Filed under: ハッチバック, 試乗記, ボルボ, スウェーデン 登場からまだたったの3年なのに、すっかりこのセグメントに於ける主要プレイヤーのうちの1台としての地位を確立しているのが、ボルボの新しいエントリーモデルとして2013年に発売されたV40である。何しろデザインが魅力的だし、走りだって従来のボルボのイメージを覆すほど快活。ボルボ自慢のセーフティ性能にしても、上級モデルにまったく遜色ないというだけでなく、万一の接触事故の際、車外に向かって展開して歩行者の頭部損傷を防ぐ世界初の歩行者用エアバッグを搭載するなど、アピール度の高いものになっていたから、これほどの人気を得たのも当然だろう。 そんなV40がこの夏、フェイスリフトを受けた。変更点は、決して多くはない。しかしながら確実に鮮度は高まり、ますます魅力を増している。では、その内容は? まず目をひくのは、新型XC90に続く採用となるT字型のポジショニングライトを使ったLEDヘッドライトだ。これは北欧神話に登場するトール神が持つハンマーにインスピレーションを得た、北欧生まれであることを強調するモチーフ。新世代ボルボの象徴的な要素が、早速採り入れられたのだ。 本音を言えば、従来からとてもよくまとまったデザインだったこともあり、写真で見た時には、うーん、どうなのかな......と思っていたのだが、実車で見るとコレが想像以上に良かった。ちゃんと溶け込んでいるし、しっかりと新しい。その時だけオレンジに発光するターンシグナルとしても機能させることで、顔つきをすっきりまとめることにも貢献している。併せて、ラジエーターグリルも新デザインのアイアンマークを採用するなどリデザインされて、フロントマスクはフレッシュなものとなった。 ボディカラーも、新色5色が設定された。中でも注目は、やはりアマゾンブルーだろう。往年の名車アマゾンこと120シリーズのイメージを再現したソリッドの薄いブルーは、ちょっとクラシカルな匂いが意外なほど最新のV40に似合っている。 Continue reading 【試乗記】VOLVO V40、熟成が進み今が最高の買い時だと言うことができる:島下泰久【試乗記】VOLVO V40、熟成が進み今が最高の買い時だと言うことができる:島下泰久 originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 16 Nov 2016 03:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
3
ボルボ・カー新潟ブログ

ブログ移転のお知らせ

皆様こんにちは、ボルボ・カー新潟 受付のTでございます。 いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。 この度、ホームページのリニューアル化に伴い ブログを移転することになりました。 次回からは、皆様こちらのホームページにてご覧くださいませ! リニューアルしたホームページでも スウェーデンの豆知識やアクセサリー情報 ショール...

...
4
Autoblog Japan

Official: ボルボ史上最もパワフルな「XC90 T8」が、ポールスターから登場!

Filed under: SUV, クロスオーバー/ CUV, ハイブリッド, グリーン, ボルボ, パフォーマンス, ラグジュアリー ボルボは、「T8ツインエンジン」と呼ばれるプラグイン・ハイブリッドのパワートレインで見事な出力数値を実現した。しかし、それでも物足りないという人に、ボルボのパフォーマンス部門であるポールスターから朗報がある。フラッグシップSUV「XC90 T8」をさらにアップグレードする「ポールスター・パフォーマンス・オプティマイゼーション」が発表されたのだ。 Continue reading ボルボ史上最もパワフルな「XC90 T8」が、ポールスターから登場!ボルボ史上最もパワフルな「XC90 T8」が、ポールスターから登場! originally appeared on Autoblog Japan on Thu, 16 Jun 2016 17:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
5
タイヤ交換ブログ

レクサス RX450h グッドイヤー E-Grip SUV 235/60R18

横浜市戸塚区からレクサス RX450h ハイブリッドで御来店頂きました。タイヤは今年2月に新発売されたグッドイヤー E-Grip SUV(エフィシエントグリップ エスユーブイ)をご選択です。ハイブリッドSUVをターゲットにしたタイヤです。グッドイヤーのホームページによると日本国内における普通車の新車ハイブリッド販売台数が40%を超えているそうです。ヨーロッパでも環境規制から、ハイブリッドが増えるとのニュースもありました。ブリヂストンやドイツ コンチネンタルタイヤでも一部でハイブリッド専用タイヤを出していますが、グッドイヤーはグローバルブランドとしてE-Gripシリーズを販売するようです。エコタイヤでは差別化が難しくなりつつあるため、良い戦略だと思います。ハイブリッドの特徴であるバッテリーによる重量増と発進時の大トルクよる磨耗を抑制できて長持ちするならば、ハイブリッド向けのタイヤがあっても良いのではないでしょうか。自動車パーツ関連の会社にお勤めとのことで、少しお仕事の話を聞かせて頂きました。御来店頂きありがとうございました。またの御来店を心よりお待ちしております。

...
6
Autoblog Japan ボルボ

1980年代に人気を博した頑丈なステーションワゴン、ボルボ「240 エステート」を廃車置場で発見

Filed under: その他, ワゴン, ボルボ 筆者がこの連載記事を書くために訪れる廃車置場の大半はカリフォルニア州とコロラド州にあり、"在庫"の入れ替わりが激しい。そして、どちらの地域も40年間、ボルボ「240」シリーズの温床となっている。だが、ここ15年の間に、この角ばったボディのスウェーデン車が廃車置場に持ち込まれることが増えており、その理由は「製造されてから長い年月が経って古くなり過ぎた」のと、「ボルボ 240を偏愛していた顧客が、忠誠の対象をモダンなハイブリッド車に乗り換えた」からだ。Continue reading 1980年代に人気を博した頑丈なステーションワゴン、ボルボ「240 エステート」を廃車置場で発見1980年代に人気を博した頑丈なステーションワゴン、ボルボ「240 エステート」を廃車置場で発見 originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 19 Mar 2017 06:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
7
タイヤ交換ブログ

トヨタ アイシス ブリヂストン VRX 205/55R16

横浜市泉区からトヨタ アイシスで御来店頂きました。タイヤはブリヂストンのスタッドレス VRXをご選択です。これから春スキーに出かけるとのことで、その前に交換に来て頂きました。ブリヂストンの乗用車用スタッドレスにはREVO GZとVRXの二種類ありますが、今シーズンはVRXの方が多かった印象があります。昨シーズンVRXが新発売されたときは高かったこともあり、お買い得感でREVO GZの方が売れていた印象があるのですが、今シーズンは価格差が少なくなってきたこともあり、VRXの方が多くなった気がします。スキー、スノーボードされる方にはチョット高くてもVRX使ってみたくなる方多いのではないでしょうか。今シーズンも、そろそろスタッドレスへの交換も少なくなり夏タイヤに戻す方が増えてきました。今日はかなり暖かかったですね。夏タイヤに戻そうかなとお考えの方、御来店をお待ちしております。いつもご利用頂きありがとうございます。またの御来店を心よりお待ちしております。

...
8
ボルボカー幕張のブログ

今週末はオーナー様フェアです

こんにちは、こもだです昨日まで雨が続きましたが、今日は丁度良い気候ですね~ 今日が入学式という方も多いと思いますので、もう少し日がでてくれるとより良いのですが、、、、新入生の皆様、おめでとうございます。  さてさて、今週末はオーナー様フェア開催です【新商品】も多数販売開始いたします。 その一つ・・・車内リフレッシュキャンペーン新商品お試し価格 4,800円 1,000円にてご提供「柑橘系の爽やかな香りが車内の嫌なニオイを素早く除去致します」シトラスの香りが苦手でなければお試しください タイヤのセーフティチェックも無料にて実施いたします春のドライブ前にお立ち寄り下さい。(要予約)   そして、今話題のプレミアムカー90シリーズも試乗、展示車ございます世界初機構の先進SAFETYも試乗車でご体感下さい Designed Around You 人を中心に考え、そこからすべてを発展させるボルボの全てはあなたの為にデザインされています    

...
9
Autoblog Japan ボルボ

【試乗記】ボルボS90&V90、デキスギ君がジャイアンとケンカ!? 待ってろビーエムメルセデス! 北欧のロールスはドイツ勢を駆逐できるか??:小沢コージ

Filed under: 試乗記, セダン/サルーン, ワゴン, ボルボ, ニューモデル, スウェーデン ●時代と価値観が刻々と変わっていきます  いやはや時代も変わるもんですなぁ。まさか、北欧の地味&イイ人ブランドのボルボが本気でメルセデス、BMWに対抗してくる日が来るとは。言わばドラえもんで言うのび太じゃなくって、デキスギ君が本気でジャイアンに挑むかのような時代変革!! それがこの新型ボルボV90&S90のプレミアムラージセダン&ワゴンの本質ですよ。  SUV以外の90シリーズとしては久々の復活で正確には今から20年近く前の1998年以来。ぶっちゃけ言うとこのクラスはメルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズの独壇場でボルボみたいな控えめ系は遠慮し、ガチなバトルをほぼ諦めていたんです。セダンではなくハズシのワゴンで趣味人を狙おうみたいな。 <XC90>  ところが! ボルボも不況に苦しみ、存続危機の憂き目に会い、親会社も変わって心機一転。攻めの姿勢に出たわけで、それが去年日本に出るなり1000台以上をあっさり完売、去年世界で過去最高の53万台強を売り切った新世代ボルボの看板メニュー、XC90。 <SPAプラットフォーム XC90>  そしてそのXC90と同じ新世代SPAプラットフォームと高効率パワートレインDRIVE-Eを使ったセダン&ワゴンがこの新型S90&V90。いやはや長生きすると面白いことあるわ(笑)。 ●このエレガントさ、今までのボルボと別次元!  さてS90&V90がどれだけ本気かっつーとまずはそのビッグサイズに表れてます。全長×全幅×全高はS90が4965×1890(Rデザインは1880mm)×1445mm、V90が4935×1890×1475mmとどちらもボルボ初の4.9m台。それでいて全幅は前と変わらず、さらに面白いのはワゴンよりセダンの方が長く、ライバルのEクラスや5シリーズよりも微妙ながら長いこと! かなり張り合ってる感、出してます。  サイズ以上にスゴいのはデザインのクオリティ! 本気で新世代プレミアム性を狙っていて、小手先のディテールにこだわったものではなく、根本的にドイツ勢に負けないノーブルさを狙ってます。  圧倒的なのはプロポーションで、骨格はエンジン横置きのFFプラットフォームでありながら、フロントノーズが長くて、前輪がフロンバンパーギリギリの位置に。いわゆる古典的高級FR車の優雅さを出していて、これぞザ・クラシック。デザイナー自身、寸法比を50年代のロールスロイスになぞらえているから面白い。誤解を恐れずに言えば、北欧のロールスロイスを狙ってるわけですな。  ディテールも優雅の一言。中でもエレガントなのはフロントのヘッドライトからリアのテールライトまで一線に貫かれたサイドの2本のプレスライン。これがいわゆる高級ボート的な流れるラインで非常に上品。  さらにワゴンのV90で特長的なのは、今回からリアデザインが露骨に寝かせたスポーティ路線になっているところで、今までの実用最優先の絶壁リアエンドはなんだったの? ってなカタチ。  サイドの豊潤なら膨らみもアメリカンな力強さともドイツ的な威圧感とも違って繊細。さらにフロントマスクにはボルボらしい湾曲した横長グリルと、北欧神話に出てくる雷神のハンマーを模したLEDヘッドライトが備わり、まさしく北欧のロールスロイスたる風格。  まあ、上手いこと新しい北欧プレミアムテイストを作り上げたもんですよ。いい料理人が、上手にドイツなど欧州料理の骨太さを抑えつつ、シンプルで美しい北欧料理を作り上げたかのよう。伝わりますかねこの喩え(笑) ●ジェレミー・クラークソンも目を見張るインテリア  かたやエクステリア以上に優美なのがインテリア! 辛口コメントで知られる英国元トップギアのメインキャスター、ジェレミー・クラークソンが「ベストインテリア」と言ったとか言わないとかで、なにがスゴいってまずはスウェーデンっぽいマテリアル。  ほどよい光沢のクロームメッキパーツもいいけど、素材感を活かした無垢っぽい仕上げのウッドパネルはまさに北欧風。どことなく化学調味料を一切使わない身体にいいオーガニック料理を食べてるかのようです。しかもそれを優美な曲線で切り取ってあるわけで。  一方、ボルボ自慢のタテ型iPadサイズのセンターディスプレイもXC90同様に完備。おかげでエアコン、オーディオ関係のスイッチや車両設定スイッチを画期的に減らせたわけで下世話さ一切ナシ。それでいてディスプレイ両脇のエアインテークには、XCからあえて変えた縦長デザイン採用。これもエレガントです。  さらに細かいこと言うとタッチパネル自体、iPhone系とは全く違う赤外線方式採用だから、分厚い手袋をしたまま使えるメリット付き。ここでも北欧イズム主張してます。  一方、安全性は変わらぬボルボ自慢の部分で4つの世界初を含む15の先進安全技術を装備。XC90同様自動ブレーキこと新シティセーフティやら右折時対向車検知機能やら歩行者だけでなく、自転車からエゾジカなど大型動物検知機能、道路逸脱事故時もケアするランオフロードプロテクションを全車標準装備。  大型動物との衝突なんて、正直北海道でも行かない限りまずは関係なさそうだけど、そこまで考えてあるのがボルボよね。Continue reading 【試乗記】ボルボS90&V90、デキスギ君がジャイアンとケンカ!? 待ってろビーエムメルセデス! 北欧のロールスはドイツ勢を駆逐できるか??:小沢コージ【試乗記】ボルボS90&V90、デキスギ君がジャイアンとケンカ!? 待ってろビーエムメルセデス! 北欧のロールスはドイツ勢を駆逐できるか??:小沢コージ originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 15 Mar 2017 04:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
10
Autoblog Japan ボルボ

スウェーデン警察も絶賛!! 最高評価を受けたボルボ「V90」をポリスカーに採用!!

Filed under: 政府/リーガル, 警察車/救急車, ワゴン, ボルボ, スウェーデン スウェーデン警察はボルボ「V90」をポリスカーに採用決定したことを発表した。なお、最初の車両は2017年初頭に納車される予定となっている。 V90の導入にあたっては厳しい走行試験が実施され、その結果、これまでに試験を受けた車両の中で最高の評価を受けているとのことだ。 一般的な乗用車と比べ、毎日頻繁に使われるポリスカーなどの緊急車両に対するスペック要求は非常に高いものとなっている。特にスウェーデンでは、ポリスカー自体を"職場"と位置付ける傾向が強く、車両性能のみならず、快適性、品質、そして人間工学の面でも、非常に厳しい要求が課されるのだ。 実は、ボルボ・カーズはポリスカーの開発と提供において、長い歴史がある。1929年には、すでにスウェーデン警察がボルボに乗って犯罪を取り締まっており、その後の数十年では、「アマゾン」や「144」といった、ボルボを代表する名車がポリスカーとしての役目を果たしている。 また、近年では、「XC70」や「V70」がポリスカーに採用されており、XC70も、当時スウェーデン警察が行ったテストで過去最高の評価を獲得しているのだ。 V90導入にあたって、スウェーデン警察が実施したテストは、5つの分野に重点が置かれている。それは、ブレーキテスト、障害物コースでのテスト、ブレーキング、ブレーキングなしの回避行動テスト、そしてハイスピードでの緊急走行だ。 この結果、V90の総合得点は10点満点中9.2点を獲得し、これまでテストを受けたあらゆる車の中で最高得点をマークしたとのことだ。 なお、スウェーデン警察のテストドライバーが作成した試験プロトコルでは、「(V90は)全体的に欠点を見いだすことが難しい。シャシー、ステアリング、サスペンション、 トラクション・コントロール、パワートレインはどれも模範的なパフォーマンスを発揮した。ハイスピードでの素早い車線変更はとても簡単なことのように感じられるほど。車は思い通りに反応し、挙動の変化に素直に対応してくれる」と評価している。Continue reading スウェーデン警察も絶賛!! 最高評価を受けたボルボ「V90」をポリスカーに採用!!スウェーデン警察も絶賛!! 最高評価を受けたボルボ「V90」をポリスカーに採用!! originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 11 Dec 2016 21:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments

...
1 | 2 | 3 | 4 | 5

このページのトップへ